秘書検定の面接試験対策

秘書技能検定準1級・1級について【試験概要】

   

この記事が参考になったら「いいね!」お願いします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

秘書技能検定準1級または1級をこれから受験してみようかな?とお考えの方は、下記を参考になさってください。

1.主催団体と申込先
財団法人実務技能検定協会 秘書検定部
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-4-15
http://www.hisho.kentei.or.jp/

※全国特約書店においてある検定協会所定の「個人申込用受験願書」(無料)に必要事項を記入し、特約書店へ持参するか検定協会へ直接持参して申込ます。受験料は現金書留で検定協会へ郵送します。(上記ホームページでご確認ください)

2.受験料
【準1級】4,800円
【1級】 6,000円

3.試験時期(準1級・1級)
【筆記試験】毎年6月・11月
【面接試験】筆記試験合格者のみ通知されます。

4.面接試験方法
【準1級】3人一組で受験(10分間)。三つの課題(「挨拶」「報告」「状況対応」)を実施します。
【1級】 2人一組で受験(10~15分間)。二つの課題(「報告」「応対」)を実施します。

5.面接試験の審査ポイント
【準1級】 秘書業務担当者としての態度・振る舞い・話し方・言葉遣い・物腰・身なりなど適性があるかどうか、下記三つの課題(ロールプレイング)で問われます。
「挨拶」:一般的な挨拶(自己紹介)ができる。
「報告」:上司へ報告ができる。
「状況対応」:来客に対応できる。

【1級】
秘書業務担当者としての態度・振る舞い・話し方・言葉遣い・物腰・身なりなど適性があるかどうか、主に下記二つの課題(ロールプレイング)で問われます。
「報告」:上司へ報告ができる。
「応対」:上司への来客に対応できる。

※具体的な課題の内容については、各級ごとに詳しく説明します。

おすすめ秘書検定通信講座はこちら >>



この記事が参考になったら「いいね!」お願いします。

     このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2007 秘書検定の元講師が教える秘書検定の面接対策のポイント. All rights reserved