秘書検定の面接試験対策

接遇用語の基本

   

この記事が参考になったら「いいね!」お願いします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

「接遇用語」とは、来客などに応対する際の言葉遣いのことです。

特に秘書検定1級・準1級面接試験では、この接遇用語の正しい使い方をできるかどうかで合否は決まります。

敬語はもちろんのこと、その状況に応じた接遇用語を上手に自然に使えるよう、何度も声に出して練習しましょう。


◆人の呼び方

・「わたし」→「わたくし」
・「わたしたち」→「わたくしども」「わたくしたち」
・「○○さん(相手)」→「あなた(さま)」「そちら(様)」
・「父」「母」→「お父様(さん)」「お母様(さん)」
・「主人」「夫」→「ご主人(様)」「旦那様」
・「家内」「妻」→「奥様(さん)」
・「息子」「娘」→「ご子息」「ご令息」「お子様」「ご息女」「お嬢さん」


◆よく使われる接遇用語

・どこ→「どちら」
・今日→「本日」
・用件→「ご用件」「ご用向き」
・ミス→「不手際」
・今→「ただ今」
・どうしましょう→「いかがいたしましょうか」
・~だと思う→「~と存じます」
・残念だけど→「あいにくですが」
・そうです→「さようでございます」
・何の用ですか→「どのようなご用件(ご用向き)でしょうか」
・ちょっと待ってください→「少々お待ちください」
・すみません→「申し訳ございません」
・すみませんが→「恐れ入りますが」「申し訳ございませんが」「お手数ですが」
          「ご面倒ですが」

・後で→「後ほど」「改めて」
・知りません→「存じません」
・できません→「いたしかねます」
・かまいませんか→「お差支えございませんか」
・わかりました→「かしこまりました」「承知いたしました」
・なんとかしてください→「ご配慮願えませんでしょうか」
・もう一度言ってください→「今一度(もう一度)おっしゃっていただきませんでしょうか」
・その通りです→「ごもっともでございます」


ユーキャンの秘書検定通信講座は面接対策BOOK&DVD付! >>

この記事が参考になったら「いいね!」お願いします。

     このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2007 秘書検定の元講師が教える秘書検定の面接対策のポイント. All rights reserved